auカブコム証券 kabuステーションAPI 先物取引用プログラム(8) 監視銘柄登録解除

スポンサーリンク

unregister_watch.py

import urllib.request
import json
import pprint
import settings
import register_entry

def unregister_watch():
    obj = { 'Symbols':
            [ 
                {'Symbol': settings.symbol_watch, 'Exchange': settings.exchange}
            ] }
    json_data = json.dumps(obj).encode('utf8')

    url = 'http://localhost:' + settings.port + '/kabusapi/unregister'
    req = urllib.request.Request(url, json_data, method='PUT')
    req.add_header('Content-Type', 'application/json')
    req.add_header('X-API-KEY', settings.token)

    try:
        print('###unregister')
        with urllib.request.urlopen(req) as res:
            print(res.status, res.reason)
            for header in res.getheaders():
                print(header)
            print()
            content = json.loads(res.read())
            pprint.pprint(content)

            # 取引銘柄登録
            register_entry.register_entry()

    except urllib.error.HTTPError as e:
        print(e)
        content = json.loads(e.read())
        pprint.pprint(content)
    except Exception as e:
        print(e)

if __name__ == "__main__":
    import sys
    unregister_watch()

エントリタイミングを計るために監視していたのがTOPIXminiで、実際に取引するのが日経225miniなので、WebSocketでPUSH配信で監視する銘柄を切り替えなければなりません。

WebSocketで取得したデータの中から、目当ての銘柄の情報だけ抽出するのが面倒くさいので、ここで一旦TOPIXminiがWebSocketで配信されるのを解除しています。

先物取引
スポンサーリンク
システムトレードでそこそこ設ける方法

コメント