auカブコム証券 kabuステーションAPI 先物取引用プログラム(11) 成行返済注文

スポンサーリンク

settle_now.py

import urllib.request
import json
import pprint
import settings
import sys

#利食いor損切り成行き決済注文
def settle_now():
    obj = { 'Password': settings.password,
            'Symbol': settings.symbol_trade,
            'Exchange': settings.exchange,
            'TradeType': 2  ,
            'TimeInForce': 2  ,
            'Side': settings.side_settle,
            'Qty': settings.qty,
            'ClosePositionOrder': 0,
            'FrontOrderType': 120,
            'Price': 0,
            'ExpireDay': 0}

    json_data = json.dumps(obj).encode('utf-8')

    url = 'http://localhost:' + settings.port + '/kabusapi/sendorder/future'
    req = urllib.request.Request(url, json_data, method='POST')
    req.add_header('Content-Type', 'application/json')
    req.add_header('X-API-KEY', settings.token)

    try:
        print('###settle_now')
        with urllib.request.urlopen(req) as res:
            print(res.status, res.reason)
            for header in res.getheaders():
                print(header)
            print()
            content = json.loads(res.read())
            pprint.pprint(content)

    except urllib.error.HTTPError as e:
        print(e)
        content = json.loads(e.read())
        pprint.pprint(content)
    except Exception as e:
        print(e)
    finally:
        sys.exit()

if __name__ == "__main__":
    import sys
    
    settle_now()

先物注文ということで、信用取引とは若干APIが異なりますが、基本的なところは変わりません。

これでプログラムが終わりです。

プログラム作成依頼受け付けています

今回、依頼を受けて、取引プログラムを作るのは楽しかったです。

先物取引は、視野に入っていなかったので、作っていてとても勉強になりました。

皆さんも、「こういった取引プログラムを作ってほしい」という依頼がありましたら、ノークレームノーリターン前提で格安でご相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください。

先物取引
スポンサーリンク
システムトレードでそこそこ設ける方法

コメント