+396円 2021/10/14(水) 日経平均デイトレード 建玉減らすと勝つんだよなぁ

スポンサーリンク

普通に早めの時間の売りエントリで勝利

よくある感じで、下落トレンドをつかまえて、売りエントリしてスキャルで勝利しました。

二段階イクジットあまり意味ない

最初は細かく勝ちを拾おうと思ってはじめた2段階イクジットですが、ほぼ同時にイクジットしており、あまり意味がなくなっています。

あと、二段階目のイクジットのエントリって最初からしとく必要なくね。

ということにも気づきました。

1回目のイクジットまでは2回目は絶対にイクジットしないならば、1回目のイクジット後の段階でエントリすればいいんです。

最初から2回目のイクジットの分もエントリするのは、1回も利食いできなくて負けたときの損失が大きくなるだけということに気づきました。

そうすると実質的には、「ループ・イフダン」の形になることになりました。

今必要なのはループ・イフダンではないか

ループ・イフダンとはFXのサービスでよくある、「トレードが終わったらすぐ次のトレードをする」ということを繰り返す機能です。

もともと、

「一度勝ちイクジットしたあと、15分待って再度フラグが立っていたら再エントリする」

という方針でトレードしていたのですが、

15分ってなんだよ

ということが頭から離れなくなりました。

今日もそうですが、トレンドが続くときは、そのまま価格が下がり続けるものです。

そういうトレンドを拾うために必要なのは、イクジットしたあと、すぐに再エントリすることではないかと思うようになりました。

ループ・イフダンもどきやります

しかし、利食いイクジットしたときはトレンドが強いときなので、その時はトレンドフォローのエントリのフラグが立っていることが多く、ただ闇雲に再エントリしていると、立て続けにエントリしていることになり、いつかは反転にひっかかります。

それでよし、1回負けるまでに2回勝てばいいんだよ

という考え方もありますが、瞬間的な強いトレンドは直後の反転が多いのも事実です。

そこで、ここは利食いイクジットから次のエントリまで、ある程度時間をおいて、すぐに反転しないか確かめてからエントリするようにはしようと思います。

また、少ない建玉で、1回目と2回目の利食い損切幅を変えるとかいろいろ試していこうと思います。

このループ・イフダンもどき、なんだか行けそうな気しかしないです。

日次運用実績
スポンサーリンク
システムトレードでそこそこ設ける方法

コメント