-3,116円 2021/10/12(火) 日経平均システムデイトレード 今日の負けはこたえた

スポンサーリンク

初回エントリはまずまずだった

本日はだいたい下落トレンドだったのですが、それが最も強かったのは初回エントリ時で、建玉の半分を約定値-50円で利食いし、残り半分を約定値±0円で逃げイクジットしました。

結論から言うと、ここで勝ちきれなかった時点で、今日のトレードは止めるべきでした。

次の買いエントリはエントリ直後に損切り

次の買いエントリは、単発の一時的な上昇に引っ張られて発生したトレンドを検知してしまったため、本当にすぐ直後の反落であえなく損切りとなりました。

買いエントリは本当に難しいので、すこしずつ改善していくしかありません。とりあえず、トレンドの持続性をエントリ条件に加える対処として、ある程度の買いトレンドが直近の2分間続いていることをエントリ条件に加えました。

明確な下落トレンドが出ているのに即反転し負け

その後、後からグラフを見てもエントリしたくなるほど、はっきりした下落トレンドをとらえて、売りエントリしました。

しかし、昨日に続いて、やはり直後に反転し、損切りイクジットとなりました。

最初の売りエントリが勝ちきれなかった時点で、本日は売り一辺倒のトレンドが出にくいと判断すべきでした。

全く同じパターンでもう一度負け

なんと、まったく同じパターンで、売りエントリした直後に価格が上昇し、損切りイクジットなりました。

エントリ直前のグラフの下落感はやはり申し分ありませんでした。

もし1回目で勝ち切っていたとしても、2回目の売りエントリが失敗した時点で、本日は反転が起こりやすく、売りエントリは止めたほうがよいという判断をすべきでした。

建玉数を減らして体制を立て直し

ちょっと前の菅首相続投しないバブル、その後の岸田の課税 & 中国恒大集団不安と、大きな値動きをする場合は、まあまあ勝ちやすい相場となります。

しかし、今はこれといった方向感がない難しい相場です。

ロジックもまた追加したこともあり、ここは一度建玉数を減らして、体制を立て直し、起動に乗ってくると建玉数を増やして、捲土重来を図りたいと思います。

日次運用実績
スポンサーリンク
システムトレードでそこそこ設ける方法

コメント