-3,033円 2021/9/9(木) 日経平均システムデイトレード ぎりぎりの負け

スポンサーリンク

負けても良しとすべきか微妙なライン

利食い値が約定値-50円のところ、約定値-40円までしか下がらず、その後反転して負けとなりました。

結果は受け入れるしかないのですが、問題は、グラフを後から見て、負けて良しとすべきか難しいというところです。

グラフの下落トレンドは結構しっかりしたものなので、今日のボラタリティは小さかったものの、
 もう少しエントリが早かったら勝てたのではないか
 もう少し利食い幅が狭かったら勝てたのではないか
という気持ちがぬぐい切れません。

非常に微妙なところですが、何もしないのも気が済まないので、以下の対策を実施したいと思います。

エントリ条件の緩和

最近はエントリ条件を隠蔽しているので、具体的には述べられませんが、ほんの少しだけエントリ条件を緩和し、もう少し早くエントリできるようにしたいと思います。

イクジットを5段階に

イクジットは約定値-50円と、前場終了までの2段階でした。

しかし、今回のように約定値-40円や-30円までしか下がらないことがあることを踏まえて、建玉を5分割して利食いを段階的にし、約定値-30円、-40円、-50円、-60円、-70円の5段階に分けたいと思います。

そして、損切り値というか諦め値も段階的に引き下げ、

利食い値が-30円のときは、損切り値は約定値+70円
利食い値が-40円のときは、損切り値は約定値
利食い値が-50円のときは、損切り値は約定値-10円
利食い値が-60円のときは、損切り値は約定値-20円
利食い値が-70円のときは、損切り値は約定値-30円

としたいと思います。

約定値-30円より小さいと、もはや注文が滑るとマイナスになってしまいますし、価格の微動で元値に戻ってしまうと思いますので、この単位にしてみました。

やっぱり、スキャルピングはとにかく勝ち数を増やし、負け数を減らすことを目指さないと、メンタル的にきついので。

こういった細かい小細工ができるのも、システムトレードの利点かと思います。

注文約定照会

日次運用実績
スポンサーリンク
システムトレードでそこそこ設ける方法

コメント