スキャルピングツール2

スポンサーリンク

早くも改訂版

前回のスキャルピングツールは、PUSH APIで株価を受信していたのですが、どうもPythonプログラムの処理スピードよりも、データの配信スピードのほうが速いらしく、またWebSocketの仕様上、1つずつサーバから送られてくるデータを順番に処理することしかできないため、発注が数秒遅れるという問題が発生しました。

そこで、kabuステーションで目で値動きを見ながら、

  1. 成行き発注
  2. すかさず自動的に約定値±指定値で利食い発注

また、途中で指値を変えたいときは、

  1. 前の注文を自動的に取消
  2. 新しい指値で再度返済発注

さらに、成行で返済注文したいてきは、

  1. 前の注文を自動的に取消
  2. 成行返済発注

するプログラムを作りました。

それはもはや手動トレードで、システムトレードとは呼べないのでは

という声もあると思いますが、一応自分でプログラムを組んでいるので、システムトレードと呼べなくもないと思います。

トレード用フォーム

見ればだいたい分かると思います。

いまのところ、やはり銘柄は(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信【1570】固定です。要望があるようだったら指定できるようにするかもしれませんが、プログラムを公開しているので、settings.pyに設定していただければいいと思います。

買いエントリはデイトレ信用で、売りエントリは制度信用です。

売りエントリをデイトレ信用にしていないのは、(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信【1570】だとプレイミアム料という手数料が高くなってしまうからです。

このツール超楽しい

このツールでトレードすると超楽しいです。

kabuステーションで手動で操作できると言えばできるのですが、やりたい手番をブログラム化して、操作を簡単にするだけで、スキャルピングがこんなに楽になるとは。って感じです。

案外、こういったシステムトレード用APIって、こういう使い方が一番簡単で有効なのかなって思いました。

追記 : 先物取引バージョンも作りました

先物取引用のツールについては、無償公開とはせず、申込があれば希望者の方にノークレームノーリターン・動作保証なしで10万円くらいでプログラムコードのコピーをお渡ししようと思っています。

ま、このブログで紹介しているノウハウを用いて、信用取引用のプログラムを改造すればすぐにできてしまうんですが。いっぱい儲ける人にとってはその手間を10万円で買う価値があるのかもしれないと思いまして。

GitHub - snowballrichdad/scalpingTool2: auカブコム証券のkabuステーションAPIを利用したスキャルピングツールの改良版です
auカブコム証券のkabuステーションAPIを利用したスキャルピングツールの改良版です. Contribute to snowballrichdad/scalpingTool2 development by creating an account on GitHub.

コメント