Progress2の残ポジション解消

システムの不具合により回収ができていなかったEURUSDの売りポジションですが、昨日のトランプ大統領のアメリカのヨーロッパからの人の受け入れ停止宣言を受けて、EURUSD市場が反転急落しちめ、無事利確で解消できました。

バグを修正したEAをリリースしたいところなのですが、最近の激しい為替の値動きから、リアル口座に適用するのを躊躇しています。

逆張りスキャルピングは、本質的に小幅な値動きが繰り返される相場に向いているものなので、この激動相場に通用するのか?と疑問を持っているのが正直なところです。

したがって、すみませんが、Progress2のバグ修正版は、差し当たりバックテストを実施したのみでのリリースとさせていただきます。ご承知おきくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする