米・雇用統計発表

米・雇用統計が発表された。数値自体は市場予想を下回ったが、製造業に関しては概ね良かったようだ。

http://www.cnbc.com/2017/01/06/us-employment-growth-seen-strong-in-december-wages-up.html

市場は、そのことを好感を持って受け止めてか、先日の反転から再びもとのドル高・株高基調になっている。

むしろ、少し様子を見ていた層の人たちがイベントを一通り潜り抜け、もとのポジションに戻ったりもしているのだろう。

これから、トランプ新大統領の就任までは、特にイベントがない。

ところで、今日日本で大きなニュースになったのは、トランプがトヨタのメキシコの工場建設をTwitterで批判したというニュースだった。

外国企業の経済活動に、就任前とはいえ大統領が直接口を出すなど、全く考えられない。

今、株を買っている人たちは、トランプ大統領で経済が良くなるなどと、本気で考えているのだろうか。政治の素人が政権を取ったらどうなるのかは、日本の民主党政権でみな分かっているはずではないか。

トランプ大統領は、本来はサポートしてくれるばすの政治のプロ集団である、共和党の主流派層とも協力体制を築けそうにないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする