マーチンゲール法

賭けの世界にはマーチンゲール法というものがある。勝率のいいMT4のEAは大抵これを使っている。

しかし、個人の手動の投資でこれを行うためには、相当な肝っ玉か、もしくは労力が必要だ。

1回負けたあと、賭け金を倍にするのであれば、最初のロスカットを低くするか、次回のロスカットを高くするしかない。

最初のロスカットを低くするのであれは、勝ったときの利益も少なくなり、望むような利益を得ようとすると試行回数(ポジションを取る回数)を多くするしかない。

逆に次回のロスカットを高くするのであれば、1回負けてすでに心理的経済的なダメージを被っているのに、さらに大きなリスクを背負うことになる。これは極めてストレスのかかることだ。

しかし、MT4などの頻繁に自動売買を行うシステムだとこれができる。最近は、日本でもトレードステーションが使えるようになっているときく。

ITが多少触れるサラリーマンの副業投資としては、やはり自動売買が王道だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする