おすすめの本

今日は、私が投資に本格的に取り組み始めて、出会ったとても有益な本を2冊紹介したいと思う。

デイトレード入門―短期売買の極意 (日経文庫)

この本は、私にスキャルピング(この本では「デイトレード」と呼んでいるが)の存在を私に教えてくれた1冊だ。

「自分が買ったときが最高値ということも、最安値ということもあり得ない。したがって、少し利益が出たときにすぐ利益確定してしまえば、負けることはない」

この理論がスキャルピグの基本となっている。しかし、日常的にパソコンに張り付いているわけにはいかない、兼業投資家にとっては自動売買システムが必要になってくる。

そんな、今の私の投資スタンスの基本を作るきっきけになったのがこの本である。

テクニカル投資に興味がある人は、まずはこの本を読むのがよいと思う。

システムトレード 基本と原則 (ウィザードブックシリーズ)

この本は、私に以下のことを教えてくれた。

「基本的にチャートというのはデタラメな動きをする。確かに言えるのは、トレンドというものは確かに存在するということ」

「勝ち続ける投資というこはあり得ない。大事なのは負けたときに一発退場とならないこと。投資において、一番重要なのは損切りである」

この2つのことも、私の投資スタンスを形成する上で、とても大きかった。

やばり、投資初心者にとって一番怖いのは、ビギナーズラックに浮かれて大きなポジションをとってしまい、損失が生じたときに逆転不可能なダメージを被ってしまうことだ。

私も、一回の中小企業のサラリーマンながら、数百万単位の損失を被ってしまったことが何度もある。

そのときに、感情に任せて追証を入れたりせずに、冷徹に損切りをできたことが、私が今も投資を続けていられる理由でもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする