私のauカブコム証券のkabuステーションで自動売買プログラムの説明(7) 利食い成行注文発注 (settle_now.py)

スポンサーリンク

settle_now.pyのソースコード

import urllib.request
import json
import pprint
import settings
import board
import sys

#利食いor損切り成行き決済注文
def settle_now():
    obj = { 'Password': settings.password,
            'Symbol': settings.symbol,
            'Exchange': 1,
            'SecurityType': 1,
            'Side': settings.side_settle,
            'CashMargin': 3,
            'MarginTradeType': 1,
            'DelivType': 2,
            'AccountType': 4,
            'Qty': settings.qty,
            'ClosePositionOrder': 0,
            'Price': 0,
            'ExpireDay': 0,
            'FrontOrderType': 10}
    json_data = json.dumps(obj).encode('utf-8')

    url = 'http://localhost:' + settings.port + '/kabusapi/sendorder'
    req = urllib.request.Request(url, json_data, method='POST')
    req.add_header('Content-Type', 'application/json')
    req.add_header('X-API-KEY', settings.token)

    try:
        print('###settle_now')
        urllib.urlopen(req)

    except urllib.error.HTTPError as e:
        print(e)
        content = json.loads(e.read())
        pprint.pprint(content)
    except Exception as e:
        print(e)
    finally:
        sys.exit()

if __name__ == "__main__":
    import sys
    
    settle_now()

成行き注文発注

これも、株価取得APIの呼びたし自体は、kabuステーションのサンプルとほぼ同じです。

利食いのタイミングだと利食い注文成行発注、損切りのタイミングで呼び出せば損切り注文成行発注になります。

kabucom/kabusapi
kabuステーションAPI ポータル. Contribute to kabucom/kabusapi development by creating an account on GitHub.

利食い成行注文を発注したらプログラム終了(もう何もしない)

このプログラムでは、1日1回しかトレードしないので、利食い成行注文を発注したらプログラムを終了します。なので、その後は何もしません。

コメント

  1. […] 私のauカブコム証券のkabuステーションで自動売買プログラムの説明(7) 利食… […]