auカブコム証券でのシステムトレードの方法(1)

auカブコム証券での日本株システムトレードですが、いくつか注意点があります。

Windows環境でなければ取引できない

普通のREST APIのクライアントプログラムであれば、もちろん動作するOSは問いません。したがって、比較的安価なレンタルサーバであるLinux環境でも取引が可能なはずです。

しかし、auカブコム証券のシステムトレードはやや異なります。

直接auカブコム証券のサーバに自分が作ったRESTクライアントプログラムからアクセスするのではなく、一度、「kabuステーション」というWindowsアプレケーションを起動し、そこのにアクセスする必要があります。「kabuステーション」が起動できるのがWindows環境だけなので、Windowsでしか動作させることができないというわけです。

通常のRESTサーバとRESTクライアント

auカブコム kabuステーションAPIの呼び出し方

「kabuステーション」はWindows内で

http://localhost:18081

のWebサーバとして動作します

「localhost」は自サーバ(この場合はそのWindows端末)を表し、「18081」はポートを表します。ポートとは自サーバでほかのWebサーバプログラムが動作していた場合に、クライアントから区別できるようにする番号のようなものです。

自分で作成したRESTクライアンプログラムは、この「http://localhost:18081」を呼び出し、「http://localhost:18081」として呼ばれたkabuステーションアプリが、auのカブコムのサーバを呼び出すというものです。

RESTクライアントプログラムから、auカブコムのサーバー直接呼び出そうとしても、セキュリティ上のブロックがかかっており、呼び出すことができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする