最初に許容できる合計損失額を決める

以前の投稿でも述べましたが、投資において最も大切なことは生き残ることです。

そして、そのために大切なことは負けることを想定し、その準備をしておくことです。

もちろん、常に負け続てしまっては投資は続けていけませんが、投資においてたまに負けることは必ずあり、その負けに耐えられるようにしておくことがとても重要です。

よくあるのが、FXで少し利益を得てしまうと、「もっと大きく儲けられるのてば」と思い、あまり予想が外れた場合のことを考えずに、極端に大きなポジションを取ってしまいがちです。
そして、予想が外れると、そのことにショックを受けて思考がフリーズしてしまい、予め引き際を決めていないので、どんどん負けが膨らんでいっていき、ついには再起不能なダメージを被ってしまう(これはFXに限らず、株の信用取引や小豆相場等、素人がレバレッジを効かせて投資したときに陥りがちやすい失敗です)。

よく、「FXは怖い」問われるのは、上記の負のスパイラルに陥って、破産したり、大きな財産を失ったりする人が多いためです。

逆に、上記の負のスパイラルに陥らないようにすれば、FX投資は決して恐ろしいものではありません。

具体的にどのような準備をすればよいかというと、最大10万円までは捨てる覚悟をするなど、自分が耐えられる損失許容額を決め、その金額が失われたときの気持ちを自分でシミュレーションし、冷静に耐えられることを確認しておく ということです。

私もそうでしたが、「10万円マイナスで損切りしよう」などと決めていたつもりでも、いざ損失が膨らんでしまうと、自分でも予想以上のショックを受けてしまい、なかなか損切りできなくなるものです。

自分に素直にって、自分が100円しか損する勇気がないのであれば、その範囲で取引を始めればよいのです。SBI FX トレードなどでは、1ドルからFXの取引が可能です。
そして、徐々に利益が出で、資金に余裕がでてきたら、ポジションを大きくしていけばよいです。

ちなみに、「絶対に1円も損したくない」という人は投資には向きません。投資というのは、ある程度の金額については、無為にお金が無くなってしまうことがあるのです。そして、それはお金を落としたときとは違い、自分の意思で行った行為の結果なので、お金をドブに捨てたように思えるかもしれません。それが全く耐えられないひとは、投資もギャンブルも全くしないほうがよいです(私はギャンブルはやりませんが)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする