FX業者の選び方

FX業者を選ぶポイント

MT4でFX投資を始めるにあたり、まずはFX業者に口座開設を行う必要があります。
しかし、MT4を扱うFX業者は大手は少ないですが、数は多く、初心者の方はいったいどこに口座を開設してよいか以下のようなことで迷ってしまうことでしょう。

  • 国内FX業者と海外FX業者はどちらが良いの?
  • FX会社を選ぶときに、何を重視すればよいの?

まず、結論から述べます。

FX会社を選ぶときに重視するべき基準は、スプレッド約定スピード信託保全
MT4でFX投資を行うのであれば、国内FX業者よりも海外FX業者

約定スピード(約定力)

約定スピード(約定力)とは、一言でいうと、FX業者の売買注文を成立させる能力のことです。同じFXの売買注文が、約定スピードが高いFX業者では成立し、約定スピードが低い業者では成立しないことがあるのです。
なぜ約定スピードがFX業者ごとに異なるかというと、これも一言でいうと、FX業者のシステム性能の差です。
システム性能が高いFX業者では素早く売買注文を処理できます。しかし、システム性能が低いFX業者では売買注文を処理するのに時間がかかります。FXのレートは瞬時に変動するため、その間に通貨の価格が変動してしまい、想定していた価格で売買ができなくなってしまうのです。

MT4でEAを用いて自動売買行う場合、当然ですがEAはすべての売買が成立することを前提に製造されています。そのため、度々、売買不成立となってしまうようなFX業者で運用すると、想定と全く異なる結果となってしまい、思うように利益を得られないということになります。

信託保全

FX業者も民間の会社であるため、必然的に倒産(破綻)の危険性があります。その際に、顧客の資金が第三者の機関により保障されるのが信託保全です。
国内のFX業者は2009年に施行された法律により、すべての業者が全額信託保全を義務付けられています。
しかし、海外のFX業者には上記の法律は適用されないため、信託保全を行うかどうかは各業者の自由裁量となっています。そして実際のところ、顧客資金の全角信託保全を行っている海外FX業者は少ないです。これは、信託保全を行う場合、第三者機関に支払うコストが発生するためです。

FX業者が破綻する可能性というのは決して無視できません。

2015年にアルパリジャパンという、かなり人気のあったFX業者が破綻しました。
この際、アルパリジャパンは信託保全を行っていたので、顧客の資金は全額保護されたようです。

一方、法律による信託保全義務化前のことですが、国内のFX業者であるアルファFXが破綻した際には、顧客資金の信託保全が全く行われておらず、なんと顧客に資金が全く返還されないという事態が発生したことがあります。

FX業者の破綻というのは、何年も無事に運用できていても、ある日突然発生します。アルパリジャパンはイギリスに本社を持つ歴史あるかなり大手のFX業者で、その倒産は一般紙でニュースになるほどでした。したがって、大手のFX業者であるとか、歴史が古いとかいうことは当てになりません。私は、FX業者を選ぶ際に顧客資金の全額信託保全を行っている業者を選ぶことは必須だと考えています。

スプレッド

FXにおける売値と買値には、たとえ同じ通貨ペアであっても必ず差があります。これはスプレッドと言われるもので、単純に言うとFX業者が実際の価格に上乗せして利益にしているのです。当然ながら、このスプレッドが小さいほうが、FXの売買取引においては利益を出しやすくなり、有利になります。
さらに、FXの4つの手法でも述べたように、本サイトでは、比較的短い期間で、小さい利幅を狙う売買を行う投資手法を推奨しています。その場合、スプレッドが大きいFX業者でMT4を運用した場合、使用しているEAが想定している利益幅をスプレッドが上回ってしまうこともあります。
したがって、FX業者選びの際に、スプレッドは利益に直結する非常に重要な指標になります。

国内業者か海外業者か

最初に述べましたが、MT4でFX運用を行う場合は国内FX業者よりも海外FX業者を選ぶべきです。

その理由としては、何といっても約定力の差があります。

海外業者の場合は、NDD方式といって、インターバンク市場(参加者が金融機関に限定され、世界の金融機関同士が売買する為替市場)に直接注文を流します。よくニュースで発表されている為替相場はインターバクン市場の相場を示しています。細かい説明を省きますと、NDD方式で注文を行うと、為替売買取引の相手先が複数になるため、取引が成立しやすいのです。

一方、国内業者の場合は、DD方式として、相手先が特定の取引業者に限られています。そのため、大量の注文が同時に殺到するとシステムの許容量をオーバーしてしまい、取引が成立しないのです。

前述したとおり、MT4でFX投資をするにあたり、最も重視しるべきなのは約定力なので、海外FX業者を選択するべきなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする