XM Trading

ユーザーフレンドリー

XMは2017/5/21現在、日本でもっとも有名な海外FX業者かもしれません。

日本語Webページは充実し、各種入会ボーナスキャンペーン等も積極的に行われています。

信託保全がある(ただし2万ユーロまで)

また、信託保全も2万ユーロまで行われるので、FX初心者の方は、当面は信託保全が外れる心配はなく、その面でも安心です。

最大のメリットは、マイクロ口座運用

しかし、XMが他の海外FX業者と比較して特に優れているのは、そのマイクロ口座です。

海外FX業者の1ロットは、大抵10万通貨単位です。つまり、米ドル円ならば、1ロット10万ドル(約1,000万円)相当です。最小取引単位は0.01ロットなので、1,000ドル(約10万円相当)単位での取引となります。

そういった、大きな単位で取引が行われるため、EAの中には最低推奨証拠金額が、かなりの金額になものが少なくありません(FXStabilizer AUDUSDのDurableタイプ運用では、$2,500など)。FX初心者の方は、それだけの金額でいきなり運用を始めるのはかなり不安なことだと思います。

そういった場合は、XMのマイクロ口座を利用することをお勧めします。XMのマイクロ口座は1ロットがわずか1,000ドルに相当しています。つまり、通常の口座の100分の1の資金で、EAが運用できるのです(もちろん利益も100分の1になりますが、リスクも100分の1の金額になります)。上記のFX StabilizerのDurableタイプ運用においては、最低推奨証拠金額はわずか$25(約2,500円程度)になります。

EAというものは、デモ口座の実績は当てにできず、リアル口座で運用してみないとその実力は分からないのですが、XMのマイクロ口座を用いると、リスクをあまり取らなくてもEAをリアル口座で運用してみることができます。もし、そのEAがマイクロ口座で運用が上手くいくようであれば、マイクロ口座ままま証拠金とロットを増やしたり、スタンダード口座に移行していけばよいのです(※EAの中には運用口座を変更できるものと、できないものがありますので注意が必要ですが)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする