Axiory

Axioryは中米のベリーズという国にあるFX業者です。税金が極端に安いタックス・ヘイブンの国の一つとして有名です。

FX業者としての歴史は比較的古く、2007年の創業ですので、もうすぐ10年以上になります。

Webサイトも非常に洗練されており、とても使いやすいです。

日本語のサポートも充実しており、私が質問する際もいつも迅速で的確な回答をしてくれます。分からないことはチャット機能でその場で質問し、回答が得られるのも初心者には心強いです。

Axiroyの特徴

この業者の主な長所としては、以下の2つが挙げられます。

入金額の全額が信託保全される

Titan FXと同じように、Axioryも入金額を全額信託保全してくれる数少ない海外FX業者です。

しかし、Axioryの場合はTitan FXと異なり、利益分は信託保全の対象にはなりません
したがって、ある程度利益が溜まったら、全額出金して再度入金するというような手順を取り、利益分も含めて全額信託保全対象にするといった対応を行ったほうが安全です。

別途、説明するページを作成しようとは思いますが、この全額出金→全額入金という作業に思いのほか、金銭的または時間的なコストがかかります。

  • クレジットカード入出金
    FX口座から出金して自分の銀行口座にお金が入金させるまでに、2~3ヵ月程度の時間がかかる。その間、FXの運用ができなくなり機会損失が発生する。
  • 銀行間入出金
    最も安い新生銀行経由であっても、最低数千円程度の振込手数料が発生する。

AXIORYで運用する場合は上記のコストを予め意識しておく必要があります。

作成できる口座数が多い

Axioryは原則として9口座まで口座をもつことができ、これはFX業者の中で比較的多い方です(Titan FXは5口座まで)。

スプレッドが低く約定力が高い

Axioryも各スプレッド比較ページ約定力比較ページにおいて、常に上位にランクインしています。

EAにもよりますが、私が運用した結果、Axioryの方がTitan FXよりも約定力が高く利益が出やすい傾向にありました。これはEAのスキャルピング色が高くなればなるほど重要な要素になってきます。

お申込みはこちらから

※ 当サイトから口座開設をお申込みいただいた場合は、EAの運用方法等含めまして、全般的にQAサポートをお受けいたします。

私がAxioryで運用中のEA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする