Tick Data Suiteの使い方 +\13,260【2018/2/18~2018/2/24の運用実績】

FX業者
EA
損益
合計
\13,260
Titan FXFXStabilizer EURUSD
Durable
$0.00
GPS Forex Robot
¥767
AxioryFXCharger
$64.53
独自開発EA
$5.04
XM TradingForex Warrior
¥5,119

独自開発EAのバックテスト

まだネット上にあまり情報がないのですが、先週くらいから言っていたバックテストの難しさについて、割とあっさり解決したのでご報告します。

Tick Data Suiteというソフトを利用するだけです。使用方法は試用版を申し込んだあとに送付されてくるメールにあるURLを見れば、すぐ分かると思いますが、DukascopyというTick Data(FXの全データ)を公開してるFX業者からTick Data Suiteを通してデータをダウンロートしたあと、普通にMT4でバックテストを実施するだけです。

その際に、スプレッドやスワップポイントも任意に設定することができ、より実運用に近いデータを得ることができます。

また、2週間の使用期間があるので、そこまでの間にかなりのバックテストを行うことができます。

ちなみに、私が作成したEAのバックテスト結果は以下です(いずれも運用口座はOANDAです)。

USDJPY

EURUSD

いずれもGogoJungle(fx-onから名前が変わった模様)に販売申請中です。申請が受理されましたらまたご報告します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする