\27,089【2018/1/28~2018/2/3の運用実績】

FX業者
EA
損益
合計
\27,089
Titan FXFXStabilizer EURUSD
Durable
$66.04
GPS Forex Robot
¥743
AxioryFXCharger
$97.11
独自開発EA
$2.73
XM TradingForex Warrior
¥8,100

独自開発EAの作成方針

通貨ペアについて

前回の記事でも書いたように、MT4 EAによる運用は本質的にテクニカル運用になるので、あまりに不規則な値動きをする通貨ペアには向かないと思われます。

その通貨の国にそれなりの経済規模があり、かつ為替取引が活発である通貨ペアであることが必要です。

そういった条件を当てはまる通貨ペアとしては、最大の取引量を誇るEURUSD、次にUSDJPY、続いてGBPUSDとなります。

それに、AUDUSDが続くのですが、このブログでも案内しているように、私はAUDUSDの不規則な値動きでかなりやられています。オーストラリアは経済規模が比較的小さく、FX取引の規制が緩い国なので、投機筋の投資目的の取引が多いのが、値動きが不規則になる原因たと考えています。

さらに、USDCADが続くきます。カナダと米国が密接な関係にあるとはいえ、カナダもFXが盛んな国らしいので、そのせいで取引高が多いのかと考えています。

私がEAを作る際には、EURUSD、USDJPY、GBPUSDの3つの通貨をターゲットにしたいと考えています。

あと、XMやAxioryで取引可能な、CFDであるNIKKEI225、DOWやS&Pについても同じく取引量が多いという観点からトライしていきたいと考えています。

投資ロジックについて

投資ロジックについては、まだここで詳細に述べられる段階になってはいません。

ただ、1つの方針としては、1回に保有するポジションは各通貨ペアにつき1つまでで、最大1日1回の取引に限定したいと考えています。

これは、想定外に値動きをした際に一機に損失が拡大するのを防ぐためと、その日の取引について、自分で検証するタイミングを取れるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする