+¥15,644【2020年11月の運用実績】

USDJPYはまずまずの展開

アメリカの大統領選挙も落ち着き、新型コロナウィルスのワクチン開発の目途も立ち、以前コロナ禍は激しいものの、株式市場、為替市場共に落ち着きを取り戻しているように見えます。

先般から運用しているUSDJPYの独自EAもまずまずの好調をキープしています。

私の投資金額もさらに10万円増額し、30万円ほどにしました。

やはり、前から言っているように、USDJPYはコロナ在宅ワーカーによる、俄かデイトレーダーなどの市場参加者が増えたせいか、ボラタリティが高く、逆張りスキャルピングにとっては良い環境になっているようです。

EURUSDは相変わらず難しい

一方、EURUSDはバックテストでもデモ口座のフォワードテストでもなかなかいい数字が出ません。ポートフォリオを組んでリスク分散する意味でも、EURUSDの運用も再開したいのですが、まだ模索中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする