+¥25,839【2020年10月の運用実績】

独自EAによるMT4運用再開

しばらくいろいろと模索していましたが、自作EAをカスタマイズしたり停止してりしながらする方針にして、MT4運用を再開しました。

私のMT4新戦略

現在稼働中のEA

現在利用しているRSI逆張りシンプルEAソース公開

今月はまずまずの成績となっています。

最初は10万円の口座残高からはじめて、いまは資金をさらに10万円追加投入して運用しています・

コロナ禍で不安定な市場動向に注視しながら、運用を続けていきたいと思います。

でも、来週はアメリカ大統領選挙があるのでEAを停止します

前の記事にも説明しましたが、現在私はマーチンゲールなしのシンプル逆張りスキャルピングトレードをしています。ご存知のとおり、そういったEAは市場の一方的な極端な値動きにはとても弱いのです。

たとえばEURUSDで同じEAをデモ口座運用したら最近の結果がよくない

今、運用しているEAは単純なロジック故に、EURUSDにも応用可能ではないかと考えて、試験的に1週間ほどデモ口座運用した結果が以下です。

でも、これには理由があると考えています。最近、欧州でコロナ禍の第二波が深刻化し、フランスやスペインで再ロックダウンなどの厳しい措置が相次いで発表されました。それにより、ユーロが急落しているのです。

このように、市場が一方向に明確に極端に動いている際は、逆張りスキャルピングトレードは停止した方がいいのです。

トランプが負けるとUSDJPYが荒れるかもしれない

トランプが再選した場合は、今の政策から大差ない政策が取られると思いますが、民主党のバイデンが大統領となった場合、コロナ対策としてより経済に厳しい対応を取る可能性があります。

前回の大統領選挙でトランプが勝利した際も「トランプラリー」と呼ばれ、市場のトレンドは大きく変化しました。今回、もし大統領が代わるようなことがあれば、また市場は大きく揺れるかもしれません。そうすると、ある程度安定した市場でこそ有効な、逆張りスキャルピングトレードには向かない市場となるかもしれません。

そこで、私は少なくとも今週はEAによるトレードを停止し、市場の動向を見極めたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする