10回に分けて発注する

前回の記事でもお伝えしたように、投資には必ずリスクがあります。

投資で大切なのはリスクをコントロールすることなのですが、その手法の1つにリスク分散という考え方があります。
これは、リスクを1箇所にまとめるよりも、別々にしたほうが、全体としてリスクが低下するという考え方です。

例を挙げると、1回の投資で負ける確率が10%とします。最大損失額を100万円と設定した場合、1回だけ投資すると10%の確立で100万円失います。

しかし、これを10回に分けて投資すると、同じ100万円の損失を出す確率は、10%(0.1)の10乗となり、0.00000001%まで低下するのです。
これは極めて強力なリスク軽減になります。

確かに1回で取引するよりも、手間も時間も多くかかるのですが、投資で大切なのは生き残ることです。どのような投資でも必ず負けるときは来ます。その負けを許容できるようにするためには、発注回数を多くして、負けた取引を勝った取引で埋め合わせるというアプローチが必ず必要になってきます。

ここで、私がポイントとして挙げておきたいのは、10回発注はドル円に対して行うということです。
理論上は、全部同じ通貨ではなく、別々の通貨ペアに分けて発注したほうが、よりリスクを分散できるのですが、そうすると自分がよく知らない通貨ペアに投資することになります。
ドル円に関しては、FX初心者の方でもメディアを通して十分な量の情報を簡単に収集できるのですが、他の通貨に関してはなかなかそうではありません。

投資の基本として、よく知らないものに手を出してはならないというものがあります。おそらく、普通のサラリーマンの方には、なかなか他の通貨について十分な勉強をする時間は無いでしょう。

FXを始めたばかりのころは、まずはドル円についてよく勉強し、そこに集中投資することが逆にリスクを低めることにつながると私は考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする