Forex Warriorのパラメータについて

新規エントリ停止フラグについて

Forex Warriorは、昨年(2017年)の12/24からのクリスマスウィークにおいて、本当にほったらかしていたら、年が明けたら割と大きな含み損を抱えていました。

これは、Forex Warriorが2017/12/24時点で、すでにエントリしているポジションがあったため、EAをストップすることができないと判断したためです。

しかし、あとからForex Warriroの設定を見直すと、新なポジションを取らないというフラグがありました。これらのフラグを設定すれば、今持っているポジションの決済ロジックは動かしながら、新たなポジションを取らないという運用ができたようです。

自動ロットサイズ調整機能について

Forex Warriorは、編集可能パラメータが非常に多く、海外EAなのでマニュアルは英語とロシア語しかなく、パラメータは付属の.setファイルを読み込むだけで、マニュアルは全然読んでいなかったのですが、デフォルトでは自動ロットサイズ機能はOFFになっていました。
運用が好調だったので、毎月10万円ずつ口座残高を増やしていたのですが、ほとんど意味がなかったようです(なかなか損切りしなかったという効果はありますが)。

これを機に自動ロットサイズを有効にすることにしました。

トータルストップロス機能について

さらにマニュアルを読み込んでみると、決済前の保有しているポジションを含めて、ドローダウンが一定の値に達すると強制決済して、EAを停止するというオプションがありました。

MaxDDPerCentは口座残高の何%ドローダウンしたかという値で発動するようなので、こちらを30%に設定しました。MaxDDのほうの単位はわかりませんでした(金額でしょうか)が、MaxDDPerCentが同じ機能を持つということなので、そちらを採用しました。

Forex Warriorには他にもいろいろなオプションがあり、他のEAと比べて非常に難解なのですが、今回の教訓で、安定した運用をするためには読み解いていく必要があるように思われました。解析が進み次第、このブログで報告していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする