FXStabilizer EURUSDのマニュアル記載内容

マニュアルの記載内容の抜粋を日本語に訳して記載していきます。

FXStabilizer EURUSDのインストールとトレーディングの準備の手引き

インストール方法

Metatrader4を起動し、FXStabilizer_EUR_[バージョン番号]_[口座番号].ex4とFXSe.dllを解凍後のフォルダから、以下のフォルダにコピーしてください。

Metatrader4を再起動し、新しいEURUSDのチャートをH1タイムフレームで作成し、FXStabilizerをチャートに表示してください

自動売買を許可し、DLLの使用を許可し、設定を変更するかデフォルト値のまま(推奨)としてください。

各パラメータの説明

Durable Modeは安定的で信頼来の高いスタイルのトレーディングを行います。長期的なトレーディングに最適です。Durable Modeに必要な最低証拠金は0.01ロットにつき$1,000です。

Turbo Modeはアグレッシブでより高い利益を追求するスタイルのトレーディングを行います。FX Stabilizerを使った、リスクを取って利益を最大化するスタイルのトレーディングに最適です。Turbo Modeに必要な最低証拠金は0.01ロットにつき$1,400です。

Autoriskをデフォルトであるtrueのままにすると、FXStabilizerは初回ロット数を証拠金残高に合わせて自動的に設定します。Autoriskをfalseにすると、FXStabilizerはロット数をFixedLotパラメータによって決定します。FixedLotパラメータには設定する値に特に制約はありません。

RiskLimitは、証拠金残高のうちFXStabilizerによって(Autoriskがtrueの場合のロット数計算かなどの)計算で使用される金額の割合です。このパラメータを設定することにより、最大損失額を調整することができます。証拠金残高に対するパーセンテージ(%)で指定します。
(※管理人注 マニュアルにはそう書いてありまがあまり信用できません。必ずしも調整できないと考えていただいたほうが良いと思います)

MiniLotは、使用している口座が(XMのマイクロ口座などの)マイクロ口座(ミニ口座)の場合にtrueにします。通常の口座を使用している場合にこのパラメータをtrueにすると、ロット数が大きくなりすがて、大きな損失を被る危険性がありますので注意してください。

Magicは、FXStabilizerで使用するマジックナンバーを指定します。通常は変更する必要はありません。同じ口座で使用する別のEAとマジックナンバーが重複する場合のみ変更してください。

Slippageは、原則として、FXStabilizerのロジックを妨害しないためにデフォルトのままにしてください。しかし、どうしても必要があると判断した場合は、変更することが可能です(※管理人中注 スリッページについてはリンクを参照)。

推奨設定

通貨ペアにいては、EURUSDペアのみで使用してください。

24時間365日運用し続けてください。

Mode Durable
AutoRisk true
RiskLimit 50%もしくはそれ以下

推奨レバレッジは200倍~1,000倍です。最小必要レバレッジは100倍です(※管理人注 つまり国内FX業者は非推奨です)。しかし、RiskLimitを低く設定することにより、より少ないレバレッジでの運用も可能です。

自動売買がONになっていること、およびMT4のプロセスが起動していることを確認してください。

FAQ

必要証拠金残高について、DurableモードがTurboモードより高い金額なのは、記載ミスではありませんか?

記載ミスではありません。FXStablizer EURUSDはAUDUSD版よりも、多くの回数の取引を行うので、必要とする証拠金も多くなっています。

(マーチンゲール形式を利用している認識ですが)初回ロット数と2回目のロット数が同じ場合があります。バグでしょうか?

バグではありません。仕様です。FX Stabilizer EURUSD版は、3回目のトレードからロットサイズを大きくしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする