FXCharger EURUSD 運用のポイント

海外FX業者で運用する

FX Chargerの推奨レバレッジが200倍以上なので、国内FX業者(レバレッジ25倍)での運用には向きません。海外FX業者で運用するようにしましょう。

日本円口座ではAuto_LotSizeが効かないので、米ドル口座で運用する

FX ChargerのみではなくFX Builder社のEA全般に言えることなのですが、どうも日本円口座ではAuto_LotSizeが有効にならず、日本円口座の場合はいくら口座残高を増やしてもロット数が0.01のままでした。
(これは、米ドルやユーロ等の主要通貨と比べてて、日本円のみ桁が2つほど多いことが原因なのかもしりません。他に原因があるのかもしれませんが分かりません)

複利の効果で半自動的に資産が増えていくのがMT4でのEA運用投資の醍醐味なので、いちいち手動でロット数を指定するのは避けたいところです。

米ドル⇔日本円の間での為替レートの変動リスクはありますが、今後そう極端な円高ドル安になることも無いと思いますので、FX Chargerを運用する場合は米ドル口座で運用することをお勧めします。

Max_Riskに達するドローダウンが発生した場合は、MT4の画面でポップアップウィンドウが出ているので「OK」をクリックする

FX Charger EURUSDの概要でも書きましたが、FX ChargerはMax_Risk(口座全体でのストップロス)に達するドローダウンが発生した場合、すべてのポジションを強制決済し、EAを停止してくれる機能があります。

そのため、逆に言うと出力されるポップアップウィンドウで「OK」をクリックしない限りEAの動作は再開しません。Myfxbook等でこまめにEAの成績を確認し、ドローダウンが発生していないかどうかチェックする必要があります。

Auto_LotSizeにした場合、口座残高×Max_Risk(%)に対して、$700につき0.01ロットとなる

Auto_LotSizeにした場合、口座残高全体に対して$700につき0.01ロットとなるわけではなく、口座残高にMax_Risk(%)を掛けた金額に対して、$700につき0.01ロットとなります。

つまり、Max_Riskがデフォルトの35%、口座残高が$10,000の場合

投資の対象とする口座残高 = $10,000 × 35% = $3,500
ロット数 =  0.01ロット × ($3,500 ÷ $700(※ 0.01ロット当たりに必要な口座残高))  = 0.05ロット

となります。
実際、0.01ロット分の口座残高である$2,000()以下の場合も、0.01ロットで運用は始まりますが、EAの設計の意図したかたちではなくなってしまいます。可能であれば、最低$2,000を口座に入れてから運用を開始することをお勧めします。

パラメータはデフォルトでOK

特に、Max_Riskについてはもっと上げて運用したい気持ちになりますが、長期の運用では数年に1度は最大ドローダウンが発生するため、私自身がTick Data Suiteで行ったバックテストでもMax_Riskは35%がベストでした。

特別な理由が無い場合は、パラメータはデフォルトのままの設定での運用することをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする